名前が決められない!!

Pocket of time

スキマ時間を埋めたいブログ

友達になりたい有名人でヒカキン1位!から考えるyoutuberが立派な職業である理由。


ヒカキンさんのツイートが今話題になっています。

ヒカキンさんの地元、新潟の新聞に「友達になりたい有名人」というランキングが掲載され、ヒカキンさんが1位という結果になりました
学年別に見てもそれぞれで1位という圧倒的な結果です。


一部のyoutuberが悪いイメージを流す中、こういう明るい話題があるとyoutuberというものに対してのイメージもよくなっていく気がします。


若者の間ではかなりの人気を誇るyoutuberですが、未だに40代やそれ以降の人にはあまり受け入れられていません。
その理由は、色々あるとは思いますが、youtuberが職業として認められてないという事が大きいと思います

果たしてyoutuberは職業ではないんでしょうか?


職業とは

職業とは

人間が生計維持手段として行うとともに、自己の能力に応じかつ自己表現をはかる目的で行う、社会的に有益な継続活動をいう。
職業(しょくぎょう)とは - コトバンク

とされている。

人によって多少の考えの違いはあっても、大体この様な考えの人が多いのではないでしょうか。


要点をまとめると

  • 生計維持手段
  • 自分の能力に応じ自己表現をはかる
  • 社会的に有益

youtuberはどうなのか?

では、youtuberはどうなのでしょうか?

1つ目の生計維持手段というのは、youtuberとしての収入のみで生計を立てるyoutuberも多いのでクリア。

2つ目の自分の能力に応じ自己表現をはかるというのは、自ら企画を考え、出演し、編集も行う。
数ある職業の中でも自己表現している方だと思うのでクリア。

3つ目の社会的に有益というのは、今回のランキングもそうだし、youtuberの人気からしてクリア。


こう見るとyoutuberは立派な職業の様に思えます。


なぜ中年世代〜の多くはyoutuberを職業として認めないのか?

youtuberを職業として認めない人の意見は、

  • 楽して稼いでいる
  • 努力していない

といった、「苦労しているかどうか」に関する意見が多いように思います。

youtuberだって苦労している

そういう人に言いたい。
youtuberの仕事内容知っているの?


動画上の表面的な部分だけ見て、楽だとか、苦労していないと思っているんじゃないでしょうか?
表面的な部分だけ見たら、芸人は喋ってるだけ、プロ棋士は将棋してるだけに見えるかもしれない。
ただ、その裏でみんな苦労をしているんです。

youtuberだって人によって差はあるものの、企画考えて、動画に映って、編集してって苦労しているし、編集なんて1つの動画で何時間もかけて本当に大変だと思います。


他の職業と何が違うんでしょうか?


苦労しない仕事があってもいいじゃない

フラガールという映画を知っていますか?

時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村では、危機的な状況の中、炭坑で働く人々はツルハシを捨て、北国の寒村を“常夏の楽園”に変えようと立ち上がった。村の少女たちは腰みのをつけ、肌もあらわにハワイアンムード満点のフラダンスを踊りはじめるのだが……。
フラガール - 作品 - Yahoo!映画

時代が石炭から石油に移り変わり、炭坑の仕事がなくなっていく中、なんとか村を盛り上げようとハワイアンセンターを作る為に村の少女達はフラダンスを始めます。
ところが村人の多くは汗水垂らして苦労しながら仕事をして来たので、この新しい風を受け入れてくれません。

しかし、少女達の頑張りなどを見て、

「今まで、仕事っていうのは、暗い穴の中で、歯くいしばって、死ぬか生きるかでやるもんだと思っていた。んだけど、あんなふうに踊って人様に喜んでもらえる仕事、あってもええんでねえが?」
「おらにはもう無理だけんど、あの子らなら、みんな笑顔で働けるそんな新しい時代つくれるかもしんねぇって」
映画フラガールより引用

という風に、最後には理解を示してくれます。


youtuberを職業として認められない年代の方にはこういう「仕事=苦労」のような考えがあるのではないでしょうか?
もちろん、苦労を乗り越える事は大切だと思うし、どの仕事も苦労しています。

ただ、苦労してなさそうだから職業じゃない!というのは、違う気がします。
少し考え方を変えれば、この映画のように理解を示してくれる人は増えると思うし、既にそのように感じている人もいるんじゃないでしょうか?

フラガール メモリアルBOX [DVD]

フラガール メモリアルBOX [DVD]

フラガール

フラガール


youtuberはやっぱり職業だと思う

youtuberが職業として認められるにはもう少し時間はかかると思うけど、芸人やスポーツ選手も最初はそうだったんじゃないかと思います。

僕自身youtuberになりたいとは思っていませんが、殆ど毎日youtuberの動画を見ているし、今後youtuberになる人はさらに増えるでしょう。


誰かに娯楽を提供したり、勇気を与えたりして、その対価として報酬を得る
これが成り立っている時点でyoutuberに限らず職業といっていいんじゃないでしょうか?



結論として、やっぱりyoutuberは立派な職業だと思う。

僕の仕事は YouTube

僕の仕事は YouTube


他のおすすめ記事はこちら!
height175.hatenablog.com
height175.hatenablog.com