名前が決められない!!

Pocket of time

スキマ時間を埋めたいブログ

Fラン二浪文系が5月までに大手含め内定3つもらった秘訣!

f:id:height175:20180515132739p:plain


5月の頭にかなり行きたい企業から内定を貰えたのでもう就活は終わりにしようかと思っています。

なんかどんどん上を目指せる気がするので本当はまだ30%くらいは続けようかとも思ってるんですけど、多分もう終わりにします。笑


就活を始めてから3ヶ月ちょい経ちましたが、5月で就活を終えられるというのは早いんですかね?

まぁ周りはまだやってるので早い方かなとは思ってますが。


スペック

僕のスペックを簡単に説明します。

  • 文系
  • Fラン(偏差値50以下)
  • 実質二浪(大学に入り直しているので)
  • 持ってる資格は免許と大学で取った資格くらい
  • 飲食店のアルバイトを5年間
  • ブログやってる
  • サークルは入ってない

こんな感じです。
全然強みないですね。笑

二浪Fラン文系と言う3つの負の要因を持っているので、「就職ヤバイだろうなぁ〜」と思っていましたが、気負わずにやったら意外と大丈夫でした。


就活の進め方

就活のために資格やTOEICの勉強をしたり、珍しい経験を積んだりといったことはしませんでした。

「今のスペックで最大限」という目標?スタンス?でした。


就活を始めたのは1月30日で学内説明会でした。
その後もどんな企業があるのかを知るために、合同説明会・個別説明会に行きまくりました。

30社くらいは聞いたと思います。


たまに合同説明会はいく意味ないって言う意見がありますが、多くの企業を見るために行きました。

行かないで他のことをするならまだしも、他に何もしないなら絶対行った方がいいです。


説明会の後は気に入った企業にエントリーして、選考に進んだという感じです。


志望業界

僕はIT業界に絞って就活をしました。

IoT化などと言われる様に、今の世界は色々なものにインターネットが使われていて、もはやITは生活インフラと行っても過言ではない程、日々の生活に必要不可欠なものになっています。

また、AIなどの技術も登場してこれからの時代を引っ張っていくのがITだと思っています。

そんな世界を支えつつも引っ張っていく業界で働きたいなと思ったのが理由です。


結果

結果はタイトルにもある通り3勝2敗で、エントリーした5社のうち3社から内定をもらい、2社は不採用でした。


自分で言うのもなんですが、勝率高くないですか⁉︎笑

6割の確率で内定ですよ⁉︎笑


詳しく説明すると、

1社目:中小SIer 内定後辞退

一番初めに受けた企業です。
学内説明会→個別説明会→一次面接→webテスト→最終面接
トントン拍子で進んで行って、最終面接の後に握手をしたので内定を確信しました。笑

2社目:中小SIer 不採用

学内説明会→個別説明会→ES・webテスト→GD・一次面接
特に志望していた訳では無いのですが、OGの人がいたし、面接練習のために受けたら、志望していないのが伝わってしまったのか不採用でした…笑

3社目:中小SIer 内定後辞退

合同説明会→個別説明会→ES・webテスト→一次面接→最終面接
ここはESが少し独特だったので少し戸惑いました。

4社目:そこそこ大手SIer 不採用

個別説明会→ES・webテスト→一次面接
ここは一時面接は通ったんですけど、二次面接を寝ぶっちしてしまいました…。
起きたら面接終了くらいの時間で絶望しました…。

5社目:そこそこ大手SIer 内定

ここは内定を承諾しようと思っているので、選考フローは書きませんが、ESやら面接やらがありました。

正直ここまでの規模の企業に内定をもらえるとは思っていなかったので、かなり嬉しかったですね。笑

一応目標として掲げていた「30歳で年収500万円」も普通に越えられそうなのでここにしようかと思います。

上を見たらきりが無いですし。笑


やっておいた方がいいこと

企業研究

企業理念や業務内容など、同業他社との違いをしっかりと理解することが大切です

似たような企業でも、その企業だけの特色や強みがあるはずです。
そこを理解していないと、「他の企業じゃダメなの?」「うちの会社じゃなくてもよくない?」と思われてしまいます。

自己分析

就職活動は自分を売り込むセールスのようなものです。
企業に売り込む「自分という商品」の強みと弱みをしっかりと理解しましょう。

自分では気づけない強みも周りの人に聞くと以外とあったりします。

弱みは出来るだけプラスなことに繋げられるようにしましょう。
弱みすらも強みにする事が出来たら最強です!それを目指しましょう!


この記事で詳しく説明しています。
height175.hatenablog.com

SPI対策

SPIは多くの企業が採用活動に導入していて、SPIを導入していない企業も似たようなテストをやってたりするので、避けては通れません。

僕はもともと現代文や数学は得意だったので、忘れている公式を確認するくらいしかしませんでしたが、特に非言語は苦手意識を持っている人が多いと思うので、苦手な人は対策が必須です。


この記事で詳しく説明しています。
height175.hatenablog.com

面接対策

1つは、面接中に不自然な間が出来てしまわないように、聞かれるであろう質問の答えはあらかじめ考えておきましょう。

その時にポイントなのが、「文章で考えるのではなく、伝えたいことの大枠を考える」ということです。


文章で考えてしまうと、面接の時に「用意しておいた」「自分の言葉ではない」と感じられてしまうことがあります。

大枠だけ考えておくと、その場で自分で組み立てて話すので、「その時の自分の言葉」で話すことが出来ます。



もう1つは、「笑顔でハキハキと話す」です。

この2つを心がげていたら、人事の方から何度か好印象と言ってもらえました。
暗い顔で喋っても自信が無さそうと思われてしまうので、「笑顔でハキハキと話す」を心がけましょう。

メインで武器にするエピソードを考えておく

僕の場合は5年続けているアルバイトとブログの話がメインの武器でした。

どんな事についてでも良いですが、「どういう困難にぶつかり、どういう風に乗り越えたか」「どういう気持ちで取り組んでいるか」などを言える様にしておくと良いと思います。

逆質問は絶対する

面接では最後に必ずと言って良いほど逆質問の時間があります。

そこは自分をアピールできる最後のチャンスなので、何も聞かないのは勿体無さ過ぎです。

これもあらかじめいくつか考えておくと良いです。


僕が実際にしていたのは、「もし内定いただけたとして、こういう姿勢や気持ちで働いて欲しいというのが有りましたらお聞きしてもよろしいですか?」という質問です。

結構おすすめなんで使って良いですよ。笑


最後に

僕の様に二浪やFランや文系というマイナス要素があっても内定はもらえるんだって事は、なかなか内定がもらえなかったり、大学のランクや浪人で悩んでいる人に伝えたいです。


僕と同じ19卒など、今就活をしている人
自分に自信を持ってください。
持てないなら僕が言います、あなたは凄いです!

こんな僕でももらえたんだからきっと内定もらえます!


自分に自信を持てば人事の人へのイメージも変わります。
最後まで諦めずに頑張ってください。



でも就活で毎日毎日本当に辛いって人もいると思います、そういう時はホッと一息ついてください。

そいう時は息抜きをしてまた明日から頑張りましょう!

僕も友達とご飯に行ったり、好きなyoutuber見たり、息抜きは結構していました。


適度に休んで、内定を勝ち取ってください!


でわ!
他のオススメ記事はこちら!
height175.hatenablog.com