名前が決められない!!

Pocket of time

スキマ時間を埋めたいブログ

リサイクルショップはリサイクルしてない!? 実はリサイクルショップがしているのはリユースなんです!

f:id:height175:20180226222214p:plain


どうも、ペンギンです。

ふと、名前を設定してみたので、今後はどうも、ペンギンです。から始めたいと思います。笑


なぜペンギンなのかと言うと、僕ペンギン好きなんですよ、だからです。笑



それでは、本題に入って、
リサイクルショップって使ったことありますか?

リサイクルショップと明記されていなくても、ブックオフなど、中古品を扱っているお店は今使われている意味ではリサイクルショップなので、使ったことないと言う人は少ないと思います。



そんなリサイクルショップなんですけど、実はリサイクルしてないんです!!



びっくりですか?
「リサイクルショップなのにリサイクルしてないってどう言うこと?」
って思いましたか?

そんな人は最後まで読んでみてください。笑



リサイクルショップではなくリユースショップ

3Rと言う言葉は知っていますか?
リデュース、リユース、リサイクルの頭文字をとった言葉で、
1.リデュース、2.リユース、3,リサイクルの順で廃棄物の削減に勤めるのがいいとされているものです。


義務教育の時に軽く習いますが、リデュースは発生抑制、リユースは再利用、リサイクルは再生利用です。


簡単に説明すると、
リデュースは、資源が無駄にならないように余計なものは買わない。
リユースは、繰り返し使えるものは繰り返し使う。
リサイクルは、使わなくなった物を一旦資源に戻して別のものを作る。

というものです。


では、中古品をうるリサイクルショップはどれに当たるでしょう?





もう分かりましたね?
答えはリユース(再利用)です。


つまり、リサイクルショップショップというものは本来は、リユースショップと呼ぶべきなんです!!


では何でリサイクルショップと呼ばれているのか

僕の大学のゼミの先生が言うには、日本で初めに中古品事業をやろうとした人がリユースとリサイクルの違いをよく理解していなかったらしく、リサイクルショップと名ずけてしまったらしいです。


本当なんですかね?笑
自分のやる事業のことを理解していないなんてびっくりです。


軽く調べてみたんですけど、それらしいものは出てこなかったので、今のところこの理由が一番有力ですね。笑


リデュースとリユースはもっと広まるべき

リサイクルショップという間違った名称が広まってしまったことなど、様々な理由で、日本ではリサイクルに比べて、リデュースとリユースの概念や行動があまり広まっていません。


しかし、廃棄物の削減に一番有効なのは、リデュース。次にリユース。次にリサイクルなんです。


最近では広まっていないリデュースとリユースをまとめて、2Rと言ったりもするんですが、2Rはもっと広まっていくべきなんです。


しかし、なかなか広まらないんですよねぇ。




広まらない理由はいくつかあるんですが、長くなるのでまた別の記事で書こうと思います。


ただ、もう少しリデュース、リユースに関心を持ってみて下さい。





では!