名前が決められない!!

Pocket of time

スキマ時間を埋めたいブログ

パシフィック・リム アップライジング ローリー、マコ、ニュートンの扱いが酷かったけど結果的には面白かった

pacificrim.jp


公開して結構経ちますが、やっと「パシフィック・リム:アップライジング」を見てきました!


見る前は評判がそんなに良く無かったりで、どうなんだろうと思ってましたが、結果的に言うと面白かったです!

前作よりも迫力があったし、設定をうまく引き継いでいるなぁ〜と思いました。


ただ、面白かったんですが、個人的に残念な所もありました。


※ネタバレめっちゃあるので注意です。


新世代イエーガー

前作の10年後が舞台ということで、イエーガーも新しくなりました。

前作のイエーガーに比べて少しスリムになり、より細かい動きができる様になっています。

3人乗りのイエーガーも1機あって、技術の進歩が感じられました。


でも、技術の進歩なんですかねぇ。
イエーガーパイロット2人が実施に歩くことで連動して歩くというのが、好きだという人が多いと思うんですけど、今作ではそれがなくなっていました。

イエーガーと言えばくらいの設定だと思ってたんですけど、残念です。


パイロット

今作の主人公は前作の最後に死んだ「ペントコスト司令官」の息子「ジェイク」です。
前作準主人公の「マコ」の義弟に当たります。

そして別のイエーガーパイロットとして「新田真剣佑」が出演しています。

が、正直「真剣佑いる?」って感じでした。


主要機のパイロットにも関わらずセリフはほぼ無いし、パイロットの中で一番影が薄かったです。

height175.hatenablog.com

新田真剣佑結構好きだったので、もう少し出番が欲しかったです。



そして、イエーガーと言えばパイロットが「ドリフト」して戦い、「ドリフト」が深ければ深いほど、強くなりますよね?

だからこそ、前作ではより深く「ドリフト」できる様にパイロット達は、親子や夫婦、三つ子で構成されていたのですが、今作ではただ、訓練兵がコンビを組んだだけという感じだったので、その辺の設定をちゃんと忘れないで欲しかったです。


前作のキャラクター

ローリー

まず、前作の主人公ローリーは出演していません。
出演オファーはあったらしいのですが、スケジュールの都合でダメだったそうです。

ですが、仮にも前作主人公で地球を救った英雄です。
何かしら触れられると思っていたのですが、終盤で名前が一度出てきたのみ。

もう少し触れてくれも良くない?笑

マコ

ローリーとともに地球を救ったマコは出演しますが、イエーガーには乗りません。

これは少し残念ではありましたが、新世代への世代交代という意味ではよかったです。


しかし、なんと序盤で殺されてしまいます。

一応重要なデータを送信してから死んだので、役割はあったんですが、死ぬとは思ってなかったし、死に方もすごいあっさりだし、もう少しなんとかならなかったのかなとは思います。

ニュートン

前作でハーマンと共に怪獣の脳とドリフトする事で最後の作戦を成功させた科学者コンビの1人です。


ところが、前作の2度の怪獣の脳とのドリフトで意識を乗っ取られてしまったらしく、今作では地球を滅ぼそうとします。

そう、前作で地球を救った科学者が、今作では黒幕として登場するんです。


これは衝撃過ぎました、、、


確かに、前作で時空の裂け目を閉じてしまって、どう今作を始めるのかと思っていたので、前作の「怪獣とのドリフト」に結びつけてくるのは上手いな!と思いましたが、やっぱり悲しいですね。

ニュートンとハーマンのおちゃらけた科学者コンビ好きだったので余計悲しいです。笑


次回作を匂わす最後

とは言え、新開発の無人イエーガー100機くらい?がニュートンの企みで怪獣側に乗っ取られたり、そのせいで、「ジプシー・アベンジャー」以外のイエーガーは戦闘不能になってしまうところなど、パシフィック・リムらしい絶望する場面もあったので結果面白かったです。


最後に捕らえられたニュートンが「これで終わりだと思うな」的なことを言ったんですが、ジェイクが「次はもう来なくていい、こっちから行く」と言っていたあたり続編の可能性もありそうですし、期待して待ちたいと思います。



他のオススメ記事はこちら!
height175.hatenablog.com