名前が決められない!!

Pocket of time

スキマ時間を埋めたいブログ

「食べ物に感謝してたべなさい」って自己満にも程があると思う

主に小学生くらいの時に、ご飯を残したり好き嫌いをしてたりすると、「食べ物に感謝して食べなさい」とか「残さず食べなさい」って先生や親に言われませんでしたか?


これって、生き物の命を奪って食べているんだから、粗末にしてはダメだし、感謝して食べないといけないってことだと思うんですけど、昔から結構疑問なんですよね。


この感謝って誰にしてるんでしょう?
生き物ですよね?

だったら感謝っておかしいと思うんです。



人間に食べられるために生まれて、育てられて、殺されて、加工されて、食べられて。

その生き物の気持ちになってみるとめちゃくちゃかわいそうじゃないですか。


そんな生き物に感謝したところでなにか意味があるんでしょうか?


人間が食べられたら

例えば、
食物連鎖で人間よりも上位に位置する生き物がいたとして、自分や自分と親しい人が殺され、皮を剥がれ、細切れにされて焼いたりなんかもして食べられたとします。
それでその後、その人間よりも上位に位置する生き物に「美味しかった、人間ありがとう」と感謝されたらどう思いますか?

僕だったら許せるどころか、寧ろ怒りが増します。
「人間ありがとうじゃねーよ」ってなります。


バラバラ殺人とかがニュースでやってたら「ヤバっ」ってなるけど、生き物達からしたらバラバラにして加工して食べてる方がよっぽどやばい事だと思うわけです。


有名なフォアグラ

フォアグラなんてやばいですよ。

フォアグラは生産方法が残酷な事で有名ですが、知ってますか?

ヒルや鴨に強制的に餌を食べさせて脂肪たっぷりになった肝臓を食べるんです。

しかも、メスの肝臓はフォアグラには向かないので、メスは産まれた時点で捨てられてしまうらしいです。


めちゃ残酷ですよね。


そんな人間に感謝されたところで、アヒルや鴨は「どういたしまして〜」ってなるわけないですよね笑


まぁフォアグラは普通の人が高い頻度で食べるものではないですが、どっちにしろ人間が食べてるものは、その生き物からしたら酷いわけです。


自己満以外の何でもない

だから「食べ物に感謝して食べる」っていうのは人間が、他の生き物の命を奪って食べ物にしている事への罪悪感を少しでも軽くしたいが為の自己満に過ぎないんじゃないかと。

これを初めに言い出したやつも、それを子どもに教えてるやつも普通に気持ち悪いなと。


どうせ食べる事は変わらないんだから、感謝なんかして逃げるんではなく、堂々と食べてればいいのに。


他のオススメ記事はこちら!
height175.hatenablog.com
height175.hatenablog.com