名前が決められない!!

Pocket of time

スキマ時間を埋めたいブログ

検索アナリティクスの使い方! 使ってない人は今すぐ使うべき! 

f:id:height175:20180316231328p:plain

最近Search Consoleってすごい便利なんだなぁと、少しづつ気付いてきたしょーたです。


Search Consoleの検索アナリティクスという機能は使っていますか?
検索アナリティクスを使うと検索キーワードを分析することが出来ます

今までSearch Consoleはサイトマップを送信してFetch as Googleを使うくらいしかしてなかったんですが、この機能を教えてもらってからは、便利さに感動しています。笑


検索キーワードとは?

検索キーワードとは、ユーザーが検索するときに打ち込んだ言葉やフレーズのことです。

つまり、ユーザーがどんな言葉を検索して自分のブログを見たかが分かります。

検索アナリティクスで分かること

  • 検索順位
  • 合計表示数
  • クリック数
  • クリック率

これらの情報を、検索クエリ、ページ、国、検索デバイス、検索タイプなどに絞り込んで知ることが出来ます。


検索アナリティクスの調べ方

Search Consoleのサイドバーにある検索トラフィックから検索アナリティクスをクリック。
もしくは、未現在のステータスのところにある検索アナリティクスをクリックします。
f:id:height175:20180311234245p:plain


すると下の様なページになります。


f:id:height175:20180412180011p:plain


最初は、クリック数のみにチェックがついているので表示回数、CTR、掲載順位それぞれにチェックをつけます。


f:id:height175:20180412180601p:plain


すると、グラフや右下のデータの部分が全てのデータを表示します。

また、青く囲った部分のチェックを変えることでそれぞれのデータに絞ることが出来ます。


検索クエリで分析

「クエリ」にチェックを入れると以下のような画面になります。


f:id:height175:20180412174533p:plain

  • クエリはどういう検索ワードでブログに来たか
  • クリック数はその検索ワードで検索されて何回クリックされたか
  • 表示回数はその検索ワードで検索されて検索結果に何回表示されたか
  • CTRはクリック数÷表示回数で、検索結果に表示された内どのくらいの割合でクリックされたか(クリック率)
  • 掲載順位はその検索ワードで検索した時に何番目に出てくるか

をそれぞれ表しています。


ページ毎に分析

「ページ」にチェックを入れると以下のような画面になります。

f:id:height175:20180412175010p:plain


ページ毎に分析すると、さっきのキーワードの部分がページのURLに変わるので、「どのページがどのくらい表示されて、どのくらいクリックされているのか」を知ることが出来ます。


国毎に分析

「国」にチェックを入れると以下のような画面になります。

f:id:height175:20180412181059p:plain


ここではどの国にどれくらい見られているかが分かります。

ロッコとかイタリアとかからも見るんですね。笑


バイス毎に分析

「デバイス」にチェックを入れると以下のような画面になります。

f:id:height175:20180412181734p:plain


やっぱり圧倒的にスマホなどのモバイル端末が多いですね。


ちなみに、「クエリ」「ページ」「国」「デバイス」「ウェブ」に関しては、フィルタを使って目当てのデータのみ表示したり、2つのデータを比較したりする事が出来ます。

今回は試しにモバイルとPCを比較してみます。

f:id:height175:20180412182448p:plain


バイスの下の「フィルタなし」となっている所をクリックして「デバイスを比較…」を選択します。
(「デバイスをフィルタ」を選ぶといらないデータにフィルタをかける事が出来て、「リセット(全てのデバイス)」を選択すると元の状態に戻ります)

f:id:height175:20180412182930p:plain


「デバイスを比較」を選択するとこのような画面になるので、比較する対象を選びます。

f:id:height175:20180412183206p:plain


すると、このように比較されたデータになります。
(実践がモバイルで、点線がPCのデータです)

これを見るとPCはモバイルに比べて掲載順位が低く、クリックもあまりされていない事が分かります。


検索タイプによる分析

「検索タイプ」とは、検索する時のウェブ、画像、動画などの検索方法の種類のことです。

f:id:height175:20180412184306p:plain


試しにウェブと画像で比較をしたらこのようになりました。


日付毎に分析

「日付」にチェックを入れると以下のような画面になります。

f:id:height175:20180412185111p:plain


1日単位でのデータを見ることが出来ます。

また、検索アナリティクスのデータは基本的に全て直近28日間の物になっているのですが、上の画像で赤く囲った場所をクリックすることで期間を変える事が出来ます。

今回は「カスタム…」から50日間のデータにしてみます。

f:id:height175:20180412185449p:plain
f:id:height175:20180412185524p:plain


すると、このように50日間のデータが表示されます。


検索クエリを調べた後にやるべきこと

検索クエリを調べたらその数値を分析しなければいけません。

アメリカのInternet Marketing Ninjasより発表された2017年Googleの検索順位別クリック率によると、

1位:21.12%
2位:10.65%
3位:7.57%
4位:4.66%
5位:3.42%
6位:2.56%
7位:2.96%
8位:1.74%
9位:1.74%
10位:1.64%
Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study参照


という様になっています。
つまり、この数値と比べてクリック率が低ければ改善の余地ありということです。

f:id:height175:20180313161429p:plain


僕ので言うと、ぱっと見上の数値よりもクリック率が低いものはありませんでした。ただ、検索順位が二桁で低いのにクリック率も二桁のキーワードがいくつかあります。

検索順位が低いのに見られていると言うことは、上位の記事に求めている情報が無かったと言うことだと思います。

つまり、上位の記事にない情報を自分の記事に入れることが出来れば、自分の記事が上位に行けて検索流入をさらに多くすることが出来ます。


終わりに

見えてくることはそれぞれのブログで違うと思いますが、検索クエリを知ることで自分のブログを改善して行くことが出来ます。

この機能を知らなかった今までを後悔するほど便利な機能だと思うので、使っていないという人は使ってみることを本当にオススメします!!


他のブログに関する記事はこちら!
height175.hatenablog.com
height175.hatenablog.com